New Entries
Recommends
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
すい臓,肝臓,肺,乳がんの治療に効く食品

米国のロバートHルリーがんセンターが、発見したすい臓がんに効く食品は、「ナマコ」。

ナマコは英語で"Sea cucumber"つまり「海のきゅうり」と呼ばれるが、 日本では中華料理の食材として知られている。

中国では何百年も前からナマコを漢方薬として利用してきたが、 その効果は関節炎や炎症性疾患、頻尿、強壮(ED)だった。

米国での実験では、 膵臓(すいぞう)がんのがん細胞に、ナマコのエキスを掛けたところ、 がん細胞の増殖が止まっただけでなく、 5分以内にがん細胞が全て死滅したのだ。

また、乳がんの細胞に対しては、 ナマコが免疫システム中の細胞を活性化して、乳がん細胞を攻撃することが確認された。

これらの実験によって、 ナマコのガン治療への効果が判ったのだ。

これらの抗がん効果は、ナマコに含まれている「フロンドシドA」という成分が 有効であると判った。 ナマコのフロンドシドAは、 95%の乳がん細胞、90%の黒色腫細胞、90%の肝臓がん細胞、 88%の肺がん細胞を死滅されることが実験で確認されており、副作用も無い。

現在では、ナマコの抽出液はサプリメントとして、 液体や粉末化されて抗がん剤治療に利用されている。

posted by: saishin-chiry | がんに関する情報 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://joho.gantoha.net/trackback/1064853
トラックバック